1   2   3   4   5   次のページ    
【記事件数 180425件】

ニュースピックアップ

■オススメ!
オンラインショップに効率よく集客するなら
初心者でも簡単にオンラインショップが構築できちゃう
 

 
毛先までしっかり確認できる!琥珀の中で保存された、9,900万年前の恐竜の羽毛  [小太郎ぶろぐ] 12/10
昨年、ミャンマー北部、ミッチーナーの市場で売られていた琥珀から発見された、9,900万年前の白亜紀の恐竜の羽毛。保存状態が非常に良好で、毛先の細かな部分までしっかり確認できるのがすごい。中国とカナダの研究者によると、2本足で歩行したコエルロサウルスの尻尾に当たる部分だとのこと。ここまでしっかり保存されてると、恐竜の研究も捗りそう。【関連】大腿骨だけで人よりデカい!史上最大の巨大恐竜の化石が発見され
 

 
庭の外にわざとボールを落とし、親切な通行人に投げ入れてもらう事を覚えた賢い犬  [小太郎ぶろぐ] 12/10
ボール遊びがしたいけど、飼い主がいつでもボールを投げてくれるとは限らない。そこで彼が思いついたのは、ボールを庭の外に押し出し、通行人に投げ入れてもらうという行為。学習したきっかけは偶然だったにしても賢いね。【関連】この中に1匹だけ、飛び抜けて賢い犬がいる……飼い主の隙を突いてエサをゲット!賢い犬たちの映像集犬が開けないように作られたエサ入れを、いとも簡単に開けてしまう賢い犬犬が開けないように作られ
 

 
鷹の姿があまりにも威風堂々だったのでコラ職人頑張る  [カラパイア] 12/10
 このオリジナル写真は、フォトグラファーのクリント・ラルフが、南アフリカのクアズール・ナタール州でハゲタカの写真を撮影しようと構えていたところ、偶然出くわした鷹の仲間、アカクロノスリの姿をとらえたものである。  ズンズンとこちらに向かってくるようなその姿...
 

 
庭に巨大なAT-ATウォーカーを建築!ものづくり大好き男、コリン・ファーズが相変わらず楽しそう  [小太郎ぶろぐ] 12/10
発明が大好きで技術力を持つだけでなく、行動力もあふれるコリン・ファーズさんが庭に自作した、銀河帝国軍の巨大四足歩行移動兵器、AT-ATウォーカー。映画に出てくるものよりは小さいけれど、収納式階段で登れる内部は部屋になっていて、中にはスターウォーズのグッズもたくさん。2個目の動画は製作風景。この人ホント、いつも楽しそうだよね。【関連】さらに過激に!高さ9.5メートルのループブランコが、パラモーターで
 

 
車体全面に41,999個のLEDを装着。ド派手な特別仕様レクサス The Lexus LIT IS  [小太郎ぶろぐ] 12/09
車体全面に41,999個ものLEDを満遍なく配した特別仕様のレクサス「The Lexus LIT IS」。プログラミングされた通りに配色を変えたり、音楽やジェスチャーに反応して、車体表面を目まぐるしく変化させることができる。カメレオンみたいに保護色になって背景に溶け込んだりできそうだよね。【関連】トヨタが描く未来の車、ボディー全体がディスプレイのコンセプトカー Fun-ViiiPadと組み合わせる
 

 
遺体防腐処理。エンバーミングに関する驚くべき10の歴史的事実  [カラパイア] 12/09
 エンバーミングは、遺体に防腐処置を施して生きていたときのままの姿で長期保存するために行われる技術だ。遺体保存の理由宗教上、教育上公開葬儀など様々だ。土葬が基本の地域では、遺体から感染症が蔓延するのを防止する目的もある。  これまで歴史の中で行なわれてき...
 

 
映画そのまま!スピーダー・バイクに乗って戦う、スターウォーズのショートムービー  [小太郎ぶろぐ] 12/09
映画「スターウォーズ」シリーズに登場する、宙に浮く未来バイク、スピーダー・バイクを使ったショートムービー。湖畔で休憩する銀河帝国軍のストーム・トルーパーたちから、スピーダー・バイクを奪って逃げる反乱同盟軍の面々。ストーム・トルーパーたちもただちに反撃し、スピーダー・バイクによる水上カーチェイスが繰り広げられて……。このスピーダー・バイク、フライボードを改造したものみたいだけど、ウォータースポーツと
 

 
だって抱っこが好きやね~ん!とにかく毎日抱っこされたがりなカンガルーのいる風景  [カラパイア] 12/09
 スリーパーホールドを得意とするマッチョカンガルー(関連記事)が世間をにぎわせている昨今、人間にだっこされるのが大好きなタイプ:フレンドリーなカンガルーもいるようだ。  オーストラリアのアリススプリングスのカンガルー保護区にいるアビゲイルさんはおそらく世界...
 

 
涙拭こうぜ!ぼっちなのは君だけじゃない。世界の国からボッチがいる風景  [カラパイア] 12/09
 さて前回、世界各地のボッチがいる風景をお伝えしたわけだが、年を経ても人の数だけぼっちがいるようで、また新たなるぼっちたちが招集されていた。  世界中にぼっちな仲間がいる。この事実があれば涙を拭いて前を歩いていけそうじゃないか。
 

 
1   2   3   4   5   次のページ